トップページ >> Happy Life >> poroco kitchen

poroco kitchen
 

自家製さつま揚げ


お店からのコメント
焼酎屋 kikubo 佐藤さん

白身魚のすり身は市販のもので充分ですが、冷凍の場合、急激に解凍すると水分が出て水っぽくなってしまいます。それを避けるために、ひと晩冷蔵庫に入れてじっくり解凍すると美味しく揚がります。



自家製さつま揚げ
QRコード ケータイ版 poroco kitchen
このレシピは、ケータイ版ポロコ
「poroco mobile」からもチェックできます。

   
・人参 5g
・しいたけ 5g
・ごぼう 5g
・ホタテの貝柱 10g
・白身魚のすり身 120g
・シシトウなど 適量
・万能ネギ 適量
・大根おろし 適量
・生姜 適量
・コバンキュー(醤油でもOK) 適量


1.人参、しいたけ、ごぼうを細かく切る。野菜は白身魚のすり身よりも火が通りにくいので、薄めに。ホタテは食感が残るように、小指の先くらいの大きさに切る。
2.白身魚のすり身に、1の野菜とホタテを混ぜ合わせてよく練る。
3.タネは大きすぎると中まで火が通りづらいので、平らな楕円形に丸める。この時、手をぬらしておくと、タネが手につかず、さつま揚げの表面もなめらかな仕上がりに。
4.約200℃の油で揚げる。色ムラができないよう、時々ひっくり返し、全体がキツネ色になるまで3分ほど揚げる。付け合わせも一緒に揚げて、お好みで薬味とコバンキュー(九州の甘露醤油)を添えれば完成!

 
 
※このページで紹介しているレシピは、poroco本誌「poroco Kitchen」に掲載されています。

バックナンバーはこちら >>

このページのトップへ▲