トップページ >> Happy Life >> poroco kitchen

poroco kitchen
 

鶏肉のソテーアサリと塩昆布のソース


french restaurant Banquet/オーナーシェフ若杉 幸平さん お店からのコメント
french restaurant Banquet/オーナーシェフ若杉 幸平さん

このメニューは、アサリや鶏肉などの素材の旨味をフォン(ダシ)代わりにして作り上げる料理なので、どなたでも手早く簡単に作れますよ。鶏肉は、カットするとカリッと音がするぐらい、皮目をパリッと仕上げるのが美味しさのポイントです。

french restaurant Banquet
(ふれんち れすとらん ばんけっと)

鶏肉のソテーアサリと塩昆布のソース
QRコード ケータイ版 poroco kitchen
このレシピは、ケータイ版ポロコ
「poroco mobile」からもチェックできます。

*一人分*
鶏モモ肉 120g
アサリ 大きめなら4個
トマト 1個
付け合わせの野菜 お好みで
ニンニク 1かけ
(タイム 少々)
塩昆布 少々
白ワイン 少々
塩・コショウ 少々


1)塩・コショウをした鶏肉を、オリーブオイルをひいたフライパンで、皮目を下にして弱火のままじっくり火を通す。このとき皮がついたままのニンニクやタイムがあれば、一緒に焼き上げると鶏肉に香りがつき、さらに美味しい仕上がりに。
2)鶏肉の脂が出てきたら捨てながら、裏返すことなく焼き上げるのが、皮をパリッと焼き上げるコツ。最後の最後に裏返して、少しだけ火を通す。その後、焼き上がった鶏肉はよけておく。
3)トマトは湯むきをし、種の部分は取り除いて4等分にする。塩昆布はみじん切りに。
4)鍋にアサリと白ワインを入れ火を通す。アサリの口が開いたら、肉汁ごと鶏肉を戻し、さらに付け合わせの野菜、塩昆布も鍋に入れる。最後にトマトを入れて、さっと火を通したら完成!
point1
point1

皮をパリっと焼き上げるコツは、裏返したくなってもガマンして、じっくり片面焼きすること。返すのは最後の最後で、そこからの火を通す時間は1〜2分程度を目安に。アサリと鶏肉から出るダシ、塩昆布の旨味、トマトのほのかな酸味が、絶妙な味わいのソースに。付け合わせの野菜にも、しっかりソースの旨味を閉じ込めて!

 
french restaurant Banquet(ふれんち れすとらん ばんけっと)
ホワイトアスパラを繊細なソースで季節を楽しむ野菜メインの料理

■MAP機能「ここへ行く」について
ルート表示「ここへ行く」を利用する際は、屋外にてご利用ください。

建物内でご利用の場合、現在位置の測定に誤差が生じます。
ルート表示「ここへ行く」はGPS機能を利用しています。
気象、電波反射、端末の時間設定により、誤差が生じますのでご了承ください。

住所 札幌市中央区南4西18-2-23 ピュアコート円山1F
電話番号 011・562・1221
交通 地下鉄東西線西18丁目駅2番出口より徒歩約6分
営業時間 ランチ土日祝12:00〜14:30 L.O. 14:00/ディナー18:00〜23:00 L.O. 22:00
定休日 月曜
席数 23席(全席禁煙)
駐車場 あり(無料・3台)
予約
目安 ランチ2,210円〜、ディナーコース4,200円〜
カード 利用可
主なものOK
子ども まわりに迷惑でなければOK
HP http://www.banquet-s.com
 
※このページで紹介しているレシピは、poroco本誌「poroco Kitchen」に掲載されています。

バックナンバーはこちら >>

このページのトップへ▲