トップページ >> Happy Life >> poroco kitchen

poroco kitchen
 

ダイコンの皮のきんぴら


料理長 村井 隆さん お店からのコメント
料理長 村井 隆さん

これからの季節は、煮物などで大根を使用する機会が増えると思います。大根は葉から根までむだなく使える食材。皮もりっぱな惣菜になります。調味料はお店だと割下を使うのですが、家庭ではめんつゆで代用を。できたてはもちろん、数時間置くとより歯ごたえが出て美味しくなります。ニンジンや油揚げ、挽肉などを加えてアレンジしてもいいですね。

浪花亭
(なにわてい)

ダイコンの皮のきんぴら
QRコード ケータイ版 poroco kitchen
このレシピは、ケータイ版ポロコ
「poroco mobile」からもチェックできます。

材 料(4人分)

ダイコンの皮...茹でた状態で約200g
鷹の爪.........1本
塩.............適量
サラダ油.......少々
黒ゴマ.........適量


醤油............10g
市販のめんつゆ..10g
砂糖............10g


1.ダイコンの皮を斜めに刻む
2.鍋に湯をわかし、沸騰したら塩と刻んだダイコンを入れて1分間ゆでる。
3.ゆであがったダイコンを、流水に少々浸す。ダイコンの水をさっと切って分量を量り、その分量の5%の醤油、めんつゆ、砂糖を合わせておく。
4.フライパンにサラダ油を熱し、ダイコンの皮を絞らずに入れ、鷹の爪も加える。ジューと音がしたらすぐに、2で合わせた調味料をまわし入れ、汁けがなくなるまで強火で炒める。
5.うつわに盛り、黒ゴマをかける。

*POINT*
皮は斜めに刻むと調味料が染み込みやすく、歯ごたえのある仕上がりになる。刻む太さと長さは、マッチ棒くらいに。
point1
point1

炒める前に、ゆでた皮の水分を絞らないことが最大のポイント。絞ると皮の中に油分が入っり、水っぽくなってしまう。

 


大きな地図で見る
浪花亭(なにわてい)
住所 札幌市中央区南4西4 松岡ビル1F
電話番号 011・231・7280
交通 地下鉄南北線すすきの駅2番出口よりすぐ
営業時間 ランチ11:30〜14:00/ディナー17:00〜22:00
定休日 日曜・祝日
席数 55
駐車場 なし
予約 座敷は要
目安 ランチ1,100円〜3,500円、ディナー12,000円〜
カード 利用可
主なものOK
子ども まわりに迷惑でなければOK
HP http://www.naniwatei.com
 
※このページで紹介しているレシピは、poroco本誌「poroco Kitchen」に掲載されています。

バックナンバーはこちら >>

このページのトップへ▲