トップページ >> Happy Life >> poroco kitchen

poroco kitchen
 

豚ロースのグリル 〜冬ミカンのコンフィチュールと粒マスタードのソース〜


店主/古野 生真 さん お店からのコメント
店主/古野 生真 さん

「冬ミカンのコンフィチュールはローズマリーを入れることで、ぐっと大人の味わいになりますよ。冷蔵庫で1週間ほど保存できて、冷凍もOKです。粒マスタードと合わせたソースは豚肉だけでなく、鶏肉や白身の魚とも相性がいいので、ぜひ試してみてください。」

炭火肉焼き倉庫 CONOYOSHI
(すみびにくやきそうこ このよし)

豚ロースのグリル 〜冬ミカンのコンフィチュールと粒マスタードのソース〜
QRコード ケータイ版 poroco kitchen
このレシピは、ケータイ版ポロコ
「poroco mobile」からもチェックできます。

【冬ミカンのコンフィチュール】(作りやすい分量)
冬ミカン(Mサイズ)…… 5個
レモン…… 1個
グラニュー糖…… 100g
ハチミツ…… 50g
ショウガ…… 13g
レモン汁…… 1個分(約30ml)
ローズマリー…… 1枝

【豚ロースのグリル】(1人前)
豚ロース…… 200g
ニンニク…… 1片
ローズマリー…… 1枝
塩・コショウ…… 適量
オリーブオイル…… 適量
冬ミカンのコンフィチュール…… 30g
粒マスタード…… 30g


(1)冬ミカンのコンフィチュールを作る。冬ミカンは外皮をむき、1センチ角に切る。レモンは外皮ごと、できるだけ薄くイチョウ切りにする。
(2)(1)とグラニュー糖、ハチミツ、みじん切りにしたショウガを鍋に入れ、中火で煮つめる。とろみがついてきたら火を止め、レモンを搾った果汁とローズマリーを加えて混ぜ、冷蔵庫で1晩冷やす。
(3)豚ロースに塩コショウをしておく。フライパンにオリーブオイルとニンニク、ローズマリーを入れゆっくり炒める。ニンニクが黄金色になったら、ニンニクとローズマリーを取り出し豚肉を中火で焼く。
(4)冬ミカンのコンフィチュールと同量のマスタードをボールに入れ、混ぜ合わせる。
(5)豚肉が焼き上がったら器に盛り、(4)のソースを添えて完成。
point1

工程(2)で、半分に切ったレモンの芯の部分にフォークを刺しながら搾ると簡単!生レモンを使うと、えぐみが出ず香りも良く仕上がる。

 
炭火肉焼き倉庫 CONOYOSHI(すみびにくやきそうこ このよし)  店内
炭火肉焼き倉庫 CONOYOSHI(すみびにくやきそうこ このよし)
住所 札幌市中央区南3条東1丁目4-2 アルファ創成川公園ビル1F
電話番号 011-219-5656
交通 地下鉄大通駅35番出口、または地下街ポールタウン・狸小路3丁目出口よりそれぞれ徒歩約5分
営業時間 17:00〜L.O. 24:00 (その日の状況で変動あり)
定休日 水曜、第3火曜 (12/29〜1/1休)
席数 50席
駐車場 なし
カード 利用可
主なものOK
子ども OK
 
※このページで紹介しているレシピは、poroco本誌「poroco Kitchen」に掲載されています。

バックナンバーはこちら >>

このページのトップへ▲